ベビーゲートで壁紙が破れてしまう!【簡単にできる対策2選】

子育て

こんにちは、ぽんずです。

ベビーゲートを長い時間つけていると、いざ外したときや、赤ちゃんが動かしてしまった時の衝撃で壁紙が破れてしまうことがあります。

この記事では、壁紙の破れを予防するオススメ対策2選を紹介します。

執筆者
     ぽんず
  • 子どもに関わる仕事歴14年
  • 幼稚園教諭・保育士・小学校英語指導者資格
  • 現在0歳児のママ奮闘中
  • ずぼら時短&お得大好き関西人です

対策その1 100均のすべり止めシート

100均にも売っている「すべり止めシート」をゲートと壁が当たる部分に挟んで使います。

良い点

  • 100均でも手に入るのでコストが安い
  • 好きな形にハサミでカットして使える
  • あまったシートは、他のことにも使える

微妙な点

  • 薄いので、クッション性はあまりない
  • 商品によってはハサミでカットした部分がキレイにならないので、見た目があまりよくない

対策その2 家具の下にひく、床の傷防止フェルト

机やイスの足に取り付けて、防音や傷を防止するフェルトです。

わたしはこちらを使っています。

BIG masow 家具保護パッド フェルトパッド キズ フェルト 大判約30×21cm 厚さ約3mm  5枚入り 自由にカット 滑り止めマット床のキズ防止 騒音防止 シール 椅子脚カバー 家具 床 家具保護用 フローリングの損傷防止

5枚入りで、自由にカットできるものが3枚&丸形に切ってあるものが大小1枚ずつの、計5枚入っています。片面シールタイプです。

良い点

  • 好きな形にハサミでカットしやすい
  • シールタイプになっているので、つけやすい
  • クッション性があるので、壁紙とゲートの傷防止&しっかりと突っ張ることができ強力にゲートを固定できる
  • あまったシートは、他のことにも使える

微妙な点

  • ゲートを動かすと、フェルトの細かい糸くずがでてくることがある

突っ張る部分に合わせてカットし、取り付けるとこんな感じになりました。

シールをつけるのは、ゲート側に!壁紙に粘着質なものをつけないように注意します。

こちらのゲートはキッチンで使っていますが、ニトリのポールスライド棚で代用しています!

まとめ

壁紙とゲートの間に挟める&劣化しないものなら他にも方法があるかと思いますが、

壁側にはシールなどの粘着質なものがつかないようにしてくださいね!

この記事で紹介した2選は、自分で好きな形にカットもしやすく、すぐできるのでおすすめです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました