【面倒な薄皮むき必要なし!】コーンのベビーフード3種比較。コスパもよいベビーフードを紹介!

らくちん離乳食

こんにちは、保育士ぽんずです。

コーンは栄養もあるし、甘みもあり、赤ちゃんが好きな野菜ですが

ぽんず
ぽんず

薄皮をとるのは面倒くさい!!

なので、ペーストにしてあるベビーフードがとても便利です。

この記事では、
コーンのベビーフード3種類を実際に使ってみて、
良い点とビミョーな点を、正直にレビューしています。

結論を先にいいますと

離乳食初期は和光堂の「うらごしとうもろこし」がオススメ。

離乳食中期~はパルコープの「北海道のうらごしコーン」がコスパが良くてオススメ

執筆者
     ぽんず
  • 子どもに関わる仕事歴14年
  • 幼稚園教諭・保育士・小学校英語指導者資格
  • 現在0歳児のママ奮闘中
  • ずぼら時短&お得大好き関西人です
ぽんず
ぽんず

わたしでもできた本当にラクだった離乳食作り&商品レビューを記事にしています。

キューピー「北海道コーン」

値段

141円(税込)です。
スーパーやドラッグストアで少し値下げして販売されている事も多いです。

ネットで買うなら、店舗で見つけにくいものが揃っていて、お得なまとめ買いがおすすめです。

70g入りです。

ぽんず
ぽんず

当日中にお使いください。と記載がありますが、冷凍すれば保存できます!

キューピーベビーフードの冷凍の仕方についてかいた記事はこちら

原材料

原材料
  • とうもろこし(北海道産)
  • コーンスターチ
  • 砂糖
  • 食塩
  • 酸化防止剤(ビタミンC)
ぽんず
ぽんず

砂糖や食塩も少し入っているんですね…!

生後5か月~OKの商品ですが、気になる方は、和光堂やパルコープの無添加のものがおすすめです。

栄養成分

栄養成分 1瓶70gあたり
  • エネルギー44kcal
  • タンパク質1.3g
  • 脂質0.7g
  • 炭水化物8.2g
  • 食塩0.07g

良い点

とろとろのペーストなので、離乳食初期の赤ちゃんも食べやすいです。

水で薄めずに食べられるかたさで便利です。

ビミョーな点

添加物がはいっているところです。

わたしは、気にせずあげていました!

添加物で味を調整しているからか、味見をすると少し独特というか…

コーンそのものの味とは少し違う気がします。

でも赤ちゃんは喜んで食べていたので、わたしは気にせずあげていました!(2回目)

和光堂「裏ごしとうもろこし」


和光堂 はじめての離乳食 裏ごしとうもろこし 1.7g×6個 [5か月から幼児期まで]

値段

109円(税込)です。

スーパーで見つけられなかったので、Amazonで購入しました。

Amazonプライム会員になっていると、小さいもの1つ買うのにも、送料がかからない所が良いです。

ひとさじ分×3つのキューブ入りで1.7gです。

ぽんず
ぽんず

離乳食初期や、初めて試してみたい時に使いやすい量ですね!

原材料

原材料
  • スイートコーン
  • でんぷん

栄養成分

栄養成分 1袋1.7gあたり
  • エネルギー6.9kcal
  • たんぱく質0.15g
  • 脂質0.12g 
  • 炭水化物1.3g 
  • 食塩相当量0~0.0005g 
  • 糖類0.5g

良い点

お湯ですぐに溶けてコーンペースト状になるので、使いやすいです。

離乳食初期の、ほんのひとさじだけ食べたいときに便利です。

添加物が入っていないので安心です。

ビミョーな点

開封したらはやく使い切らないといけないので、保存期間が短いです。

パルコープ 「北海道のうらごしコーン」

ベビーフードとして販売されているものではありませんが、離乳食作りにとても便利

値段

322円(税込)です。

1個10g×24個で240g入りです。

ぽんず
ぽんず

たっぷり入ってる!

原材料

原材料
  • コーン
  • コーンパウダー

栄養成分

栄養成分 1個10gあたり
  • エネルギー14kcal
  • たんぱく質0.4g
  • 脂質0.4g 
  • 炭水化物2.1g 
  • 食塩相当量0g 

良い点

たっぷり入っているので、コスパがいいです。

ぽんず
ぽんず

1個10gになっているのが使いやすい。

添加物が入っていないので、安心です。

10gずつのポーションで冷凍されているので、使いやすいです。

コープの冷凍離乳食お試しセットはこちら

ビミョーな点

水分を足してからレンジしないと、少しパサつきが気になる時があります。(チンしすぎ注意)

ぽんず
ぽんず

とろとろが食べやすい離乳食初期の赤ちゃんには、食べにくかったり、量が10gもあると多かったりするので、離乳食中期~が使いやすいと思いました!

こちらと同じシリーズの「北海道のうらごし枝豆」も販売されています。紹介&レビュー記事はこちら↓

パルコープ(コープきんき)の資料請求はこちらから

コスパがいいのはどれ?

ぽんず
ぽんず

1食あたりの値段を計算してみました!

キューピー「北海道コーン」 10g約20円

和光堂「うらごしとうもろこし」 ひとさじ分(1つのキューブ)約36円

パルコープ「北海道のうらごしとうもろこし」 10g(ひとつのポーション)約13円

パルコープの「北海道のうらごしとうもろこし」が商品自体は322円で1番高いですが、コスパも1番高いです。

ぽんず
ぽんず

離乳食が進むにつれて食べる量が増えるので、たっぷりストックできるところも良いです。

もともと冷凍で販売されているので、自分で保存容器にうつして冷凍する手間もなし!

パルコープ(コープきんき)の資料請求はこちらから

コープの冷凍離乳食お試しセットはこちら

和光堂の「うらごしとうもろこし」は、10gではなく、ひとさじ(キューブ1個分)で計算したので、コスパ的には1番悪いです。

ぽんず
ぽんず

それでも、とうもろこしを買ってきて、ゆでて薄皮をむき…という手間と値段を考えると

離乳食初期の忙しい期間には使うのアリだと思います!

まとめ

今回3種類のコーンのベビーフードを実際に使ってみて、

離乳食初期には和光堂の「うらごしとうもろこし」

離乳食中期~はパルコープの「北海道のうらごしとうもろこし」

をおすすめしたいと思いました。

和光堂 「うらごしとうもろこし」おすすめポイント
  • 国産とうもろこし使用&添加物なしで安心
  • 量が少ないので離乳食初期に使いやすい
  • お湯を少し足すだけで、簡単にコーンペーストができる
パルコープ 「北海道のうらごしとうもろこし」おすすめポイント
  • 国産とうもろこし使用&添加物なしで安心
  • 食べる量が増えてくる離乳食中期~にコスパ良し
  • 10gずつのポーションで冷凍してあるので使いやすい
ぽんず
ぽんず

上手にベビーフードを取り入れながら、

上手に手抜きして時間を増やしましょうー!

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました